笑顔に囲まれた仕事です|早く資格を取得したいなら|医療事務講座のメリット
レディ

早く資格を取得したいなら|医療事務講座のメリット

笑顔に囲まれた仕事です

子供と女性

子どもの成長を見られる

小さい子どもが好きな人たちにぴったりの職業が保育士です。自分が保育所に通っていた時を思い出すとわかりやすいですが、小さなお子さんの身の回りの世話をするのが保育士の主な仕事内容です。ちょうど保育施設に通うくらいの年齢の子どもは目覚ましいスピードで成長し、それをサポートしながら目の前で実感できるのが保育士の一番大きなやりがいです。また、保育所には子ども達の笑顔が絶えませんから、この笑顔に囲まれながら仕事ができるのも魅力のひとつです。主な職場と言うと真っ先に保育園や幼稚園が思い浮かびますが、子どもの世話をできる人に対する需要は年々高まっており、病院などの医療施設に始まり、市町村が抱えている公共の施設で働く保育士さんも散見されます。少し前までは女性の仕事だと思われていた保育士にも少しずつ男性も増えており、むしろ力仕事が必要な場面も子どもの世話をしていると多いので女性よりも就職においては有利なケースが多いです。

人間として成長できる

子ども達に囲まれて保育士として働くためには国家資格を習得する必要があるのですが、ほかの国家資格とは少し違って必ずしも試験を受ける必要がないのが特徴です。教育系の大学に進むと卒業と同時に保育士としての資格が得られる仕組みです。大学から教育の世界に飛び込む方が試験が課されない分だけ幅広く勉強ができます。目の前に国家試験が迫っているとどうしても試験の出題される範囲にターゲットを絞って学習をしますが、大学の場合にはその必要がないので本当に勉強したい事柄に時間をたっぷりと割けます。もちろん、資格を得る以上は相当の知識を頭に入れる必要はありますが、それでも肉体的な負担もそうですし、精神的な負担についても圧倒的に軽いです。さらに、専門学校と違って4年間通うのも大学の特徴のひとつで、時間をかけてじっくりと教育に関する課題と向き合えるので、保育士としてのスキルを伸ばせるのは当然として、大学での経験をもとに人間としても成長できます。